農福連携特例子会社連絡会会則

第1章 総則

 第1条 名称

本会は、農福連携特例子会社連絡会と称する。

 第2条 目的

本会は、農福連携に特例子会社(企業)が加わる「農福産連携」の促進と発展を図ることを目的とする。

 第3条 活動

前条の目的を達成するために、主に次に掲げる活動をする。

(1) 会員相互の情報交換とネットワークづくりの推進

(2) 農業の発展と障害者の農業分野での職域拡大と特例子会社(企業)の事業拡大と安定化のための活動。

(3) 会員の活動に関する広報支援

(4) 連絡会の開催

第2章 会員

 第4条 会員は次の通りとする

(1) 農福連携に取り組んでいる、取り組もうとしている、もしくは関心がある特例子会社、および親会社。

(2) 農福産連携に関わっている、もしくは関心のある農業者および福祉事業所。

(3) 官公庁および外郭団体

 第5条 入会

本会の目的に賛同する法人また個人が入会届を出すことで会員になれるものとする。

 第6条 会費

入会金、年会費などの会員となるため、もしくは会員を維持するための会費は無償とする。 但し、連絡、見学会や懇親会など催事に伴う会場費や運営費が発生する場合は、参加会員は参加費を負担するものとする。

 第7条 退会

会員は特段の理由無く退会ができるものとする。但し、退会時には退会届を提出するものとする。

 第8条 除名

会員が本会の名誉を著しく傷つけ、又は本会の目的に反する行為があったとき、幹事会の承認を経て代表幹事がこれを除名することができる。

第3章 役員

 第9条 役職

(1) 代表幹事  1名

(2) 幹事  4名

(3) 事務局長  1名

 第10条 代表幹事の選任

幹事は特例子会社の会員の中から選出し、代表幹事は幹事の互選とする。

 第11条 幹事の任期

幹事の任期は原則として2年間とする。 但し、再任を妨げない。

2. 任期満了前に退任した幹事の補欠、または増員により選任された幹事の任期は、前任者または在任幹事の任期の残存期間と同一とする。

 第12条 職務

幹事は次の職務を遂行する。

(1) 代表幹事は、本会を代表し、会務を統括する。

(2) 幹事は、会務の遂行を担う。

第4章 事務局

 第13条 本会の運営事務を担当する事務局を設置し事務局長を選任する。

(1)事務局長は会員より代表幹事が任命する。

(2)事務局は会員の管理および連絡会開催の準備と運営を行う。

(3)その他、本会の活動に伴う運営を行う。

第5章 オブザーバー

 第14条 農福連携および農業、福祉分野の有識者で本会の目的に賛同する人。特に人数を制限しない。

第6章 雑則

 第15条 会則の改訂

この会則に定めるもののほか、本会の運営に必要な事項は、幹事会で承認を経て代表幹事が定めるものとする。

付則

1. 初版: 2019年7月1日