Do You 農?

農家と福祉を繋げれば、農福連携になると考えられがちですが、そこに持続可能性を添えるならば、農家と福祉の架け橋となるシステムやツールは必須になります。

「新鮮でおいしい」だけが野菜のブランドではありません。どのような農家さんが、どのような想いでその野菜を育てたのか。そのプロセスを「見える化」することも重要なブランド力となります。今月はまるたか農園様のハピフルとまとをとりあげたいと思います。