[連絡会概要]

【目的】

本会は、農福連携に特例子会社(企業)が加わる「農福産連携」の促進と発展を図ることを目的とする

【会員】  

  • 農福連携に取り組んでいる、もしくは関心がある特例子会社、および親会社
  • 農福連携に関わっている、もしくは関心のある農業者および福祉事業所
  • 官公庁および外郭団体

当連絡会は農業ならびに福祉、特例子会社の活動を通し、特に上の4つのSDGsテーマに取り組んでいます。 

[ 農福ニュース ]

予算請求(農林水産省)のお知らせ

  • 農福連携の推進

障害者等の雇用・就労を通じた農業経営の発展に必要となる農業生産施設及び加工・販売施設等の整備、障害者等の農産物の生産・加工技術等の習得に加え、農業・福祉双方のニーズのマッチングを行う専門人材の育成等の取組を支援するとともに、効果的な農福連携プロモーション等を実施します。

  • 事業イメージ

○事業実施主体 農業法人、社会福祉法人、民間企業等
○事業期間 2年間
○交付率 1/2(上限2,500万円等)

https://www.maff.go.jp/j/budget/2019/attach/pdf/index-40.pdf